FC2ブログ

伊吹山(伊吹山地)

この道の先は三合目となります登頂日  2012年6月30日(土)

山 系  伊吹山地

名 称  伊吹山 (いぶきやま)  標高 1,377 m 
        ・伊吹山地主峰
        ・滋賀県最高峰
        ・日本百名山
        ・新花の百名山
                                            この道の先は、三合目となります

所 在  滋賀県 米原町 / 岐阜県 揖斐川町 / 岐阜県 関ヶ原町

所要時間 / コース
  往 路 3時間55分 / 三之宮神社
  山 頂 2時間10分 / 中央・西遊歩道経由
  復 路 2時間15分 / 三之宮神社


全行程時間 8時間20分 【 折返し : 伊吹山 】

自宅(5:00)→鳴海IC(名二環)→清洲JCT(名高16号一宮線)→一宮IC(名神)→関ヶ原IC(名神)→国道365号→県道551号→民間駐車場(6:10)→三之宮神社(6:20/6:34)→伊吹登山口(6:35)→四合目(8:15)→五合目(8:25)→避難小屋(8:50)→山頂遊歩道(9:55)→伊吹山(10:05/11:00)→中央遊歩道→山頂駐車場(11:15)→西遊歩道(12:15)→避難小屋(12:55)→民間駐車場(14:30)→国道365号→関ヶ原IC(名神)→養老SA→一宮IC(名高16号一宮線)→清洲JCT(名二環)→鳴海IC(名二環)→自宅



三之宮神社 富士山を始めとする神社の神が関わっている山の多くは七月一日に山開きが行われるそうです。
 伊吹山もその一つですが、あいにく天候が雨と予報されたため急きょ一日早めた出発に変更しました。

 妻がインターネットで“電話予約が出来る駐車場高橋”
(500円)を見つけ「朝6時頃の到着です。」と早速予約を取りました。



右の階段が登山口です  翌朝の午前5時に出発し、登山口付近に到着したのが午前6時15分。 駐車場は何処だろう?と探していると
“ご予約○○様” と手作りの立て看板を見つけ、思わず
「ここだ!」と叫んでしまいました。 すると、駐車場の高橋さん?らしき“気さくなおじさん”が近づいてきて 「○○さん?よかった、よかった。」と誘導してくれました。




 三之宮神社で朝食をとり早々に山頂を目指します。
登山口にある標識には“山頂まで6,000m”と記されています。まずは、涼しく快適な雑木林の中を進みました。


ゲレンデより振り返ると…  30分程進み林を抜けると、雪のないゲレンデに到着します。ここが一合目です。ここからは陽射しを遮る樹林が無く晴れていれば遥か彼方の山頂まで暑さとの戦いです。

 元ゲレンデ(2009年に休業)を登りきり振り返ると関ヶ原の街並が望め名古屋へ向かう新幹線が小さく見えました。





まあるい徳蔵山です  次に現れたのが、まるで古墳のような“徳蔵山(とくぞやま)”と呼ばれる丸い小山です。 この小山は薬草が多く、
かつては絶好の草刈場であったとのことです。   

 登山口より80分、正面に伊吹山の全景が現れました。
山頂付近は雲に覆われています。この先、雲が晴れてくれることを願いつつ三合目へと向かいました。



 五合目に到着です。ここは、これから登る山頂へと続くルートが一望できました。中腹に避難小屋が小さく見えますが、そこは六合目となっています。後はひたすら浮石の多い斜面を登ります。
 有り難いことに雲が晴れ念願の“青い空”が現れ始めました。しかし、その代償として… 暑さとの戦いが始まります。ヨレヨレになりながらも山頂遊歩道に到着し、今登ってきた長い道のりを見下ろしました。

ここは五合目、中央に避難小屋が見えます九合目からの眺望










午前10時05分、両脇が“お花畑”となった遊歩道を抜け伊吹山(1,377m)山頂に到着です。

伊吹山頂 この山も本宮山のように山頂付近まで伊吹山ドライブウェイが開通し気軽に軽装での登頂が可能です。

山頂駐車場
 8年前、 私達家族も車で一気に山頂まで登った経験がありますが、当時を振り返ると…山頂駐車場は満車状態で大渋滞に巻き込まれた記憶があります。




冷たいソフトクリーム購入!  山頂には、数軒の山小屋が売店として営業しています。あまりの暑さと全身疲労の回復剤として“メロン味”のソフトクリームを食べました。

散策開始です。

ここにあったか!


まずは一等三角点を探します。伊吹山測候所の横にあるはずなので測候所を探しましたが何処にあるのか分かりません。
 それもそのはず…観測は既に終了し2010年に建物は撤去されて更地になったそうです。



しばらく山頂内を探しましたが、ポツンと離れたところでひっそり隠れている三角点を見つけました。

初めて姿を見ました小さな社の屋根上で野鳥と目が合いました。
その鳥は人を警戒することなく涼しげに

    『ホーッ…ホケキョ!』

と披露してくれました。





 次は山頂遊歩道を散策します。この遊歩道は一体が“お花畑”となっていて、今の時期はイブキシモツケ、クサタチバナなどが花を咲かせています。


 中央コース(約20分)を抜けドライブウェイの山頂駐車場を通り復路は西回りコース(約40分)を進みました。途中、アザミが赤紫の大きな蕾を膨らませ開花寸前です。伊吹山にはアザミだけでも5種類もあるそうです。

        ミヤマコアザミ                            イブキシモツケ
ミヤマコアザミイブキシモツケ










  いよいよ下山となりますが、既に体力は限界に達しています。ヨレヨレからグニャグニャへと変わった身体を奮い立たせて山頂を後にしました。途中、まだこれから山頂を目指す沢山の登山者とすれ違いましたが、私の心の中は…
    『もし山頂に忘れ物をしていても、もう引き返すことは出来ません…』
で一杯でした。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ニックネームはよっち
登山日記へようこそ!

カウンター  
楽天市場
こちらはおすすめです!
ザックのショルダーベルトに付けると、手を後ろ(リュックのポケット)に回さなくてもよくなりました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【イスカ ISUKA】 ボトルクーラー 500
価格:1188円(税込、送料別) (2017/7/9時点)




山頂で豆を挽いて飲むコーヒーは最高でした!


楽天市場
お店とネットを比較するときに


温泉大好き!


たまに買いますが...


話題の芥川賞受賞本もあります!

カテゴリ
百名山

日本百名山(12)
花の百名山(11)
鈴鹿セブンマウンテン(10)
新日本百名山(9)
新花の百名山(7)
日本三百名山(5)
日本二百名山(4)
日本三名山(3)

最新記事
最新コメント
リンク
youtube
楽天ポイント
期間ポイント切れの前に!


磨き屋シンジケート! 
鏡面仕上げを購入してみました。


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
RSSリンクの表示
最新トラックバック