FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山(独立峰) 第二章

ご来光と共に山中湖が現れました登頂日  2012年8月22日(水)

   独立峰

所要時間 / コース ( 折返し : 須走口頂上 )
  往 路 8時間30分 / 須走口登山道
  山 頂 3時間10分 / お鉢めぐり
  復 路 2時間30分 / 須走口下山道

名称 標高
  富士山 (ふじさん)  日本最高峰 日本三名山(三霊山)
    剣ヶ峰 (けんがみね)  3,776 m

続きを読む 一覧
  第一章  日本最高峰への旅立ち
  第二章  須走ルートより登頂に挑む
  第三章  雄大な噴火口を巡り日本最高点に立つ
  第四章  豪快な下山道“砂走り”の醍醐味



第二章  須走ルートより登頂に挑む

安心感と共に愛着が湧きます 午前1時40分、須走口五合目(1,970m)をスタートし樹林帯を 進みます。
 他の登山者の姿は全く見られず気配すら感じません。
須走ルートは貸し切り状態となっていました。あまりの静
けさに 不安を感じるほどです。

 登山道を示す“赤い案内表示”が、その 不安を取り除く
かのように度々現れいつしか愛着さえ湧いていきました。


 ヘッドランプを頼りに真っ暗な道を登っていきます。時折、光りの先に蛍光塗料を吹き付けたような白い塊が浮き上がります。
                                           メイゲツソウ(名月草)
名月草葉の裏が白く光を反射します










 午前3時15分、六合目(2,400m)の鳥居に到着です。 長田山荘は、まだ眠っています。

まだ眠りの深い長田山荘 この須走ルートは、ほぼ山の真東を登るため本六合目付近の森林限界を超えれば何処からでもご来光を迎えることができます。

 本日の日の出時刻は、5時00分となっているため先を急ぎます。





 午前3時50分、本六合目(2,700m)の瀬戸館に到着です。ここまで来ても他の登山者と全く出会いません…。相変わらず赤い案内表示が登場します。
人気のない瀬戸館

    オノエイタドリ(尾上虎杖)
しろはな










 森林限界を超えジグザグの溶岩道を登っていると、東の空に地平線のシルエットが浮かび上がってきました。


地平線が染まり始めました 午前4時25分、景色が一段とはっきりしてきます。
うっすらと山中湖も現れてきました。
夜から朝へと変わりゆく瞬間が訪れようとしています。

 日の出まで30分以上ありますが、ここで足を止め再び
大活躍のダウンを着込み幻想的変化を楽しむことにしま
した。


 午前5時01分、ご来光です。

わたわた 辺りは紅の世界へと変わっていきました。振り返り山頂に
目をやると黒い岩で出来ているはずの山肌が真っ赤に染
まっています。
 ほんの数分間の出来事でした。

 これから一日が始まります。

ミヤマヤナギ(深山柳) 


午前5時01分   ご来光の始まりです

真っ赤に染まる斜面涙が出そう…









 
午前5時09分  赤く染まる笠雲“ひさし笠”

目にしみるまぶしさ特徴のあるひさし笠










午前5時14分  押し寄せる雲海

押し寄せる雲海駿河湾が望めます










午前5時31分  一日の始まりです

ここでご来光を迎えました山頂目指して出発します










 日の出とともに目指す山頂が確認できました。赤い雲海が青と白の雲海へと変わり山中湖、駿河湾、遠方には丹沢山地など見渡すことが出来ます。

霧に包まれた立山遠方に丹沢山地が望めます










 七合目(3,090m)に到着です。
本七合目の鳥居下山道の砂走りルートが見えます。
山頂に目を向けると本七合目(3,200m)の見晴館が見えます。

下山に通る砂走りルート










 八合目(3,350m)に到着です。ここは吉田下山道への分岐となっているのですが、下山ルート
を間違える登山者が多いためか案内板を持ったスタッフが大声で注意を促していました。
 砂埃を立てながら2台のブルが登ってきます。慣れた操作で狭いブル道を進んでいきました。

山頂は快晴ですブルが荷物を運んできました










 本八合目(3,400m)の胸突江戸屋に到着です。ここまで登ると、チラホラと頭をうな垂れて座り込んでいる登山者を見かけます。「大丈夫ですか?」と声をかけると「大丈夫です!」と元気よく答えるのですが…、暫くするとまた頭を抱え込んでいました。私も高山病対策にゆっくりと深呼吸を数回繰り返します。ここで大切なのは、息を吐くときに吐き切ること!これが新鮮な酸素を身体に取り入れるコツです。

赤い山肌本八合目の胸突江戸屋










 八合五勺(3,450m)の御来光館を横切り九合目(3,600m)の鳥居に到着です。頂上は目前に迫っています。

ここをくぐれば頂上です!あと一息!九合目の鳥居










 午前10時10分、久須志神社の鳥居と狛犬が私を迎えてくれました。頂上への入口となる最後の鳥居をくぐり、ついに3,700m地点に到着しました。須走口五合目より8時間30分という長い道のりでした。

第三章  雄大な噴火口を巡り日本最高点に立つ に続く



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ニックネームはよっち
登山日記へようこそ!

カウンター  
楽天市場
こちらはおすすめです!
ザックのショルダーベルトに付けると、手を後ろ(リュックのポケット)に回さなくてもよくなりました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【イスカ ISUKA】 ボトルクーラー 500
価格:1188円(税込、送料別) (2017/7/9時点)




山頂で豆を挽いて飲むコーヒーは最高でした!


楽天市場
お店とネットを比較するときに


温泉大好き!


たまに買いますが...


話題の芥川賞受賞本もあります!

カテゴリ
百名山

日本百名山(12)
花の百名山(11)
鈴鹿セブンマウンテン(10)
新日本百名山(9)
新花の百名山(7)
日本三百名山(5)
日本二百名山(4)
日本三名山(3)

最新記事
最新コメント
リンク
youtube
楽天ポイント
期間ポイント切れの前に!


磨き屋シンジケート! 
鏡面仕上げを購入してみました。


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。