FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山(独立峰) 第四章

日本最高峰“富士山” 登頂日  2012年8月22日(水)

   独立峰

所要時間 / コース ( 折返し : 須走口頂上 )
  往 路 8時間30分 / 須走口登山道
  山 頂 3時間10分 / お鉢めぐり
  復 路 2時間30分 / 須走口下山道

名称 標高
  富士山 (ふじさん)  日本最高峰 日本三名山(三霊山)
    剣ヶ峰 (けんがみね)  3,776 m

続きを読む 一覧
  第一章  日本最高峰への旅立ち
  第二章  須走ルートより登頂に挑む
  第三章  雄大な噴火口を巡り日本最高点に立つ
  第四章  豪快な下山道“砂走り”の醍醐味



第四章  豪快な下山道“砂走り”の醍醐味

いよいよ下山となります 下山は、八合目まで吉田口下山道と同じルートを下ります。
この下山道には“砂走り”という楽しみがありました。初体験であるため恐る恐る大きく足を踏み出すと、砂中に足首が埋まってしまうほど沈みますが衝撃もなく逆に安定感があります。これを左右繰り返し跳ね降りる感覚で下りました。


 みるみるスピードが付き最後は、文字通りの “砂の上を走る”状態
となっていて歩幅が1.5mもありました。



雲海に飲み込まれそう…
 途中、慎重に斜面を踏みしめながら下る二人の外国人男性を追い抜きました。暫くすると先程の二人の男性が雄叫びをあげながら大はしゃぎで下って来ます。そして、休憩している私の前を駆け抜けていきました。その後も彼らと抜きつ抜かれつを繰り返し、本八合目までわずか17分で下ってしまいました。ちなみに、その区間は登りで2時間かかっています。



この砂道を下ります お互い競い合うように下っていましたが、 しばらくすると彼らは登山道の案内板を見ながら深刻な表情で相談?
しています。どうやら吉田ルートの登山者だったようです。ちらりと私に振り返り苦笑いの挨拶を交わすと、八合目の分岐を目指して頭を抱えながら再び登っていきました。

 気がつけば下山者の姿は急に少なくなっていました。
大半が吉田ルートの登山者であったようです。



 その先も順調に下り七合目に到着です。
ここから先は、砂払五合目までほぼ真っ直ぐに下っていきます。しかも大砂走りと呼ばれ一歩が最大2.0mとなっていました。
この溝も下山道のひとつ!
みるみる標高を下げました










 山頂より1時間55分、砂払五合目(2,300m)に到着です。
大砂走りでちょっと調子に乗りすぎてしまい、脚はガクガクのふにゃふにゃになっていました。
 ここから先は固い土の道へと変わります。衝撃のない砂走りに慣れてしまった私の脚はフラフラで思うように動きません…。

ここで砂走りも終わりです固い道が待っていました










登りは真っ暗であった樹林帯

登りは真っ暗であった樹林帯白樺が標高の高さを物語ります






 15分後、樹林帯の中で深夜に歩いた登山道と合流しました。

      あと少しです…。



 15時50分、須走口五合目の鳥居に無事到着しました。山頂より2時間30分、登山開始からは約14時間の道のりでした。売店の前には、登山を終えた者、これから登る者など多くの人達でにぎわっていました。


山頂が懐かしい…  駐車場に戻ると所々空きスペースが目立ちます。入れ替わりに今夜出発する登山者の車がその空きスペース
を埋めていきました。
 車に戻ると疲れがどっと押し寄せ身体中から熱を発しています。しかし…
出発時に妻から渡された“凍った濡れタオル”で身体を冷やすと頭もすっきりして再び元気を取り戻すことが出来ました。



 帰宅準備も整い名残惜しくも富士山を後にあざみラインを下りました。予定していた138号線沿いの“かつ榮”で夕食を摂り、ごてんば市温泉会館(500円)で温泉に浸かりました。この温泉は、ガラス張りの内風呂で、お湯に浸かりながら夕闇に消えていく富士山を楽しむことができました。
今回の富士登山の締めくくりには最高の演出となりました。



お土産一覧 振り返ると、日本一の高さを誇るがゆえどんな登山になるのか期待と不安が入り交じり、ほんの数時間前の出来事さえも懐かしく思えるほど充実していました。見るもの全てが雄大で都会の慌ただしさにとても大きなギャップを感じるほどです。
富士登山コースタイムの発表!





 この貴重な経験を得るにあたり、私が抜けた分をカバーしてくれた職場の仲間、自分も行きたかったはずなのに
準備を手伝い送り出してくれた妻に感謝します。

    みなさん ありがとうございました。



コメントの投稿

非公開コメント

今日、このブログを知りましたが、この富士山記録は最後に感嘆の息がもれるなんとも言えない心地よさでした。

旦那さんの人柄の良さが文書にでていて、非常に読み心地が良く、早く僕もまた山に登りたくなりました。

これからも楽しみにしております。
同じ名古屋人として、今後の山行の参考にさせていただきます!

バムさんこんにちは

バムさんは富士山に登ったことありますか?
日にちや時間、休日のマイカー規制など制約が多くてなかなか計画が立てれません・・・ でも、近いうちにまた登ってみたいと思っています!
本日、滋賀県の伊吹山に御来光を見に行ってきました。が・・・ あいにく厚い雲で覆われてしまいました。しかし!琵琶湖が一望出来て感動しました。あと、夜は山頂などで蛍が飛んでいましたよ!

伊吹山情報うれしいです!

お返事ありがとうございます。
僕はまだ富士山は行ったことがないです。
登山を初めてまだ1年と数ヶ月なので、しっかり経験を積んでからいつか登りたいと思っています。

伊吹山の夜間登山行かれたんですね!
僕は今まで電車とバスだけで山に行っていたのですが、ちょうど今月からレンタカーを使うようになりまして、ちょうど今週末に伊吹山夜間登山に挑戦してみようかと思っていました。

蛍見られたんですね!いいな~。今週末見られたら嬉しいです。

伊吹山頑張ってください!

現在、伊吹山の本文を作成中です。すみません今週末には間に合いそうもありません。なので、先にポイントだけ書きますね!
夜間登山と言ってもとても暑く大変汗をかきます。替えのシャツを持っていくのをお薦めします。(汗ふきウエットティッシュがあればなお良い!)逆に朝の御来光を待つときは少し寒いので羽織るものがあると良いと思います。駐車場(高橋駐車場500円)と山小屋(対山館:素泊まり1,500円)は電話予約ができるのでこれもお薦めします。(特に山小屋は!野宿している人や山頂のトイレでうずくまって休んでいる人もいました・・・)
下山後、車で5分程で行ける伊吹薬草湯(500円)があります。
私のコースタイム
名古屋18:00→途中で夕食→駐車場20:00→山小屋0:00(就寝0:30)
起床4:15→山頂散策(1h30min)→下山
きっと蛍見れますよ!気を付けて登ってください。

ご丁寧にありがとうございます!

情報ありがとうございます。
とっても参考になりました。

山小屋はもう予約が埋まっているようでしたので、日の出に合わせて登り始めようと思います。

伊吹山は5回目ぐらいですが、夜は初めてなので本当に楽しみにしてます。

色々とありがとうございました。
安全第一で行ってまいります!
プロフィール

Author:ニックネームはよっち
登山日記へようこそ!

カウンター  
楽天市場
こちらはおすすめです!
ザックのショルダーベルトに付けると、手を後ろ(リュックのポケット)に回さなくてもよくなりました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【イスカ ISUKA】 ボトルクーラー 500
価格:1188円(税込、送料別) (2017/7/9時点)




山頂で豆を挽いて飲むコーヒーは最高でした!


楽天市場
お店とネットを比較するときに


温泉大好き!


たまに買いますが...


話題の芥川賞受賞本もあります!

カテゴリ
百名山

日本百名山(12)
花の百名山(11)
鈴鹿セブンマウンテン(10)
新日本百名山(9)
新花の百名山(7)
日本三百名山(5)
日本二百名山(4)
日本三名山(3)

最新記事
最新コメント
リンク
youtube
楽天ポイント
期間ポイント切れの前に!


磨き屋シンジケート! 
鏡面仕上げを購入してみました。


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。