FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士見台(中央アルプス)

クマザサに覆われた山頂 登頂日  2012年10月6日(土)

    中央アルプス 恵那山系

所要時間 / コース ( 折返し : 富士見台 )
  往 路 3時間20分 / 東山道修験者コース
  復 路 2時間30分 / 古代東山道

名称 標高
  富士見台(ふじみだい) 1,739 m 

自宅(5:00)→国道302号→名古屋IC(東名)→屏風山PA(5:40/5:55)→園原IC(中央道)神坂神社(6:40/7:10)→ブナコース・カラマツコース合流(8:45)→湿地(9:15)→牛収集柵(9:30)→萬岳荘(9:50)→神坂小屋(10:10)→富士見台(10:30/11:30)→神坂小屋(11:45)→萬岳荘(12:00)→牛収集柵(12:35)→ブナコース・カラマツコース分岐(13:00)→神坂神社(14:00)→暮白の瀧(14:05)→野熊の庄 月川(14:30/15:30)→園原IC(中央道)→名古屋IC(東名)→自宅


中央アルプスの木曽駒ヶ岳 富士見台高原は、中央アルプス南端に位置し恵那山系に属します。かつては山伏岳と呼ばれ、山頂からは日本百名山のうち23座が望めるということです。


 自宅を午前5時に出発し中央道の園原ICを目指します。途中、恵那山トンネルを抜けますが富士見台高原はその
トンネルの真上に位置します。



 午前6時40分、登山口となる神坂神社に到着しました。社殿横には、樹齢二千年以上の日本杉(やまとすぎ)や栃の巨木が立ち足元には沢山の栃の実が落ちていました。

日本杉に囲まれた神坂神社巨木が歴史を物語ります 沢山の栃の実













アザミ!境内を抜けて古代東山道と記された雑木林を進みます。
 しかし、わずか数分で林道と合流し東山道修験者コースと記さ
れた林道を園原川に沿って進みました。




林道から見る園原川
モリアザミ









 しばらく行くと山道へと導かれますが、黙々とひたすらブナの森を進みました。

崩落現場に架けられた有難い木道                        ヤマハハコ
ヤマハハコ(山母子)キク科









 カラマツコースである古代東山道と再び合流します。ここから先はカラマツ林を進みました。

涼しげなカラマツ林カラマツ・ブナコースの分岐










この下は高速道路が通っている!


 登山道が左に大きく曲がった所で湿地を見つけました。
この辺りから中央道の恵那山トンネルが真下を通っていますが、車の音は全く聞こえません。逆にのどかで物静かな登山道です。




 前方に怪しげな鉄格子が見えてきました。見張り台のような踏み台があり何かを閉じ込めるにはぴったりな造りとなっています。登山道は、その怪しげな鉄格子の中へと導くように続いていて迂回路はありません!

    この柵の中を進みます。
この柵の中を通り抜けます牛は何処から来るのでしょうか?








        この鉄格子は、放牧した牛を集めるために造られた柵のようです。


 左手に昔話に出てくるような丸い頂の山を見つけます。目指す富士見台高原でしょうか?

綺麗な黄緑が目を引きます恵那山が望めました










草が刈られた直後でした 見晴らしの良い整備された道を抜け萬岳荘に到着です。
ここは、ロープウェイで登る“ヘブンスそのはら”と富士見台高原を連絡するシャトルバスの発着場となっています。
 現在の時刻は午前9時50分、まだ富士見台へやって来る観光客の姿はありませんでした。






 ここからは、観光地化された道を進みます。山全体がクマザサに覆われて、あちこちにポッコリとした丸い頂が確認出来ました。
 山頂へと続くクマザサコースで、これから本格化する紅葉シーズンを迎えるにあたり道の整備が急ピッチで行われていました。

緑が敷きつめられた山肌 整備の真っ最中










 神坂小屋と呼ばれる山小屋を横切ります。

トイレが完備された神坂小屋神坂神社より3時間20分、富士見台(1,739m)山頂に到着しました。

 山頂からは南に恵那山、北に御嶽山、乗鞍岳、中央アルプスの木曽駒ケ岳、前回登った南木曽岳も間近に望めます。東には南アルプスの山々と360度を見渡すことが出来ました。



中央に山頂が! 振り返ると…










 山頂より南を望むと雄大な恵那山が!                        恵那山

山頂から恵那山を望む雄大な恵那山










 北には御嶽山、乗鞍岳が望めます。                  中央アルプスの木曽駒ケ岳

左が御嶽山、右が乗鞍岳木曽駒ケ岳も一望できます











        南木曽岳と…                                 空飛ぶウリボー!
空飛ぶウリボー発見! 急斜面の南木曽岳











 ここで昼食をとり午前11時30分下山としますが、そろそろシャトルバスでやって来た観光客が目立ち始めます。紅葉シーズンが訪れると山頂はかなりの人で賑わうそうです。


 帰路は往路を引き返しましたが、途中のカラマツコースとブナコースの分岐はカラマツコースを進みました。
このコースは、林道とは異なり原生林を下りますが、この辺り一帯で“土器”が出土するらしく数名の大学生が調査を行っていました。

紅葉シーズンも間近です   “古代東山道”と名付けられた理由もうなずけます。


           トリカブト            フシグロセンソウ(節黒仙草)
フシグロセンソウ(節黒仙草) 鮮やかな色合いのトリカブト









   14時00分、神坂神社に戻りました。


 駐車場から車で数分下った所で展望台を見つけました。そこは“暮白の瀧”を眺める滝見台となっていますが、ここから願いを書いた素焼きの小皿のような“かわらけ”を投げると願いが叶うという伝説が残っています。

山の中に浮びあがる暮白の瀧きっと願いが叶う!
ここから願いを込めて…










 今回は、月川温泉郷に立ち寄る計画を立てていました。本谷川沿いにある“野熊の庄 月川”で温泉(600円)につかりました。湯量も豊富で、とても透明感のある温泉です。露天風呂は貸し切り状態で、のんびりゆったり一日の疲れを落とすことが出来ました。紅葉には少し早かったものの、物静かでゆったりとした登山を楽しむことが出来ました。


透き通る本谷川 ひっそりとした温泉でした












コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ニックネームはよっち
登山日記へようこそ!

カウンター  
楽天市場
こちらはおすすめです!
ザックのショルダーベルトに付けると、手を後ろ(リュックのポケット)に回さなくてもよくなりました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【イスカ ISUKA】 ボトルクーラー 500
価格:1188円(税込、送料別) (2017/7/9時点)




山頂で豆を挽いて飲むコーヒーは最高でした!


楽天市場
お店とネットを比較するときに


温泉大好き!


たまに買いますが...


話題の芥川賞受賞本もあります!

カテゴリ
百名山

日本百名山(12)
花の百名山(11)
鈴鹿セブンマウンテン(10)
新日本百名山(9)
新花の百名山(7)
日本三百名山(5)
日本二百名山(4)
日本三名山(3)

最新記事
最新コメント
リンク
youtube
楽天ポイント
期間ポイント切れの前に!


磨き屋シンジケート! 
鏡面仕上げを購入してみました。


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。