FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻山(弓張山地)

石巻山自然歩道より登頂日  2013年1月13日(日)

名 称  石巻山 (いしまきさん)  標高 358 m
      坊ヶ峰 (ぼうがみね)  標高 445 m

山 系  弓張山地  湖西連峰

所 在  愛知県 豊橋市

                                                石巻山自然歩道より
所要時間 / コース
   往 路  4時間05分 / 豊橋自然歩道 ・ 石巻山経由
   復 路  2時間10分 / 豊橋自然歩道


全行程時間 7時間15分 【 折返し : 坊ヶ峰 】

自宅(7:30)→東名三好IC(東名)→豊川IC(東名)→国道151号→石巻山駐車場(8:45/9:30)→石巻神社(9/40)→奥の院(9:50)→石巻の蛇穴(10:00)→ダイタラボッチの巨人の足跡(10:05)→小天狗、大天狗(10:15)→石巻山(10:20/10:45)→石巻神社鳥居(10:55)→大知波峠廃寺跡(11:50/12:10)→富士見岩(12:40)→頭浅間 大山社(13:05)→本坂峠(13:15)→坊ヶ峰(13:35/13:50)→富士見岩(14:30)→大知波峠(15:00)→石巻神社鳥居(15:50)→駐車場(16:00)豊川IC(東名)→東名三好IC(東名)→自宅


山頂より坊ヶ峰方面を望む
 石巻山は、石灰岩地植物群落として独特の植物分布を見せる国の天然記念物に指定されています。

 山頂は360度の眺望を持つ大岩となっていて豊橋・豊川市街が一望できます。



      駐車場からの眺め
石巻山駐車場より
 東名高速の豊川ICを南下し、国道362号線との交差点を本坂トンネル方面に左折します。ここを逆に右折すると豊川稲荷となります。

 石巻山登山口の信号を左折し、ヘアピンカーブの登りを幾つも超えると、豊橋市街を眼下に見ることができる石巻山駐車場に到着しました。



 石巻神社で参拝をすませ山頂に向かいます。

石巻神社のお社石巻神社の境内










どちらも山頂へ続きます



 すぐに石巻山城址の石碑の立つ分岐となりますす。
どちらのコースも山頂へ続くため奥の院方面へ進みました。




 午前9時50分、奥の院に到着しました。見上げるほどの高さを持つ大岩壁の基に、小さな社が建てられていました。

大岩の基に祀られる奥の院飲むことも出来るようですが…






 その岩壁からは僅かですが湧き水が染み出ています。その水は小さな池をつくりカエル像に守られていました。




 山の中を進んで行くと、誰かがコッ、コッ… と木をつついています。

ヤマガラは“山のすずめ”『山雀』と書きます  ヤマガラ(山雀)です。

 巣を作るためか?餌を見つけたのか?しばらくその仕草を見守っていました。

 私達の視線に耐え切れず一度は飛び立ったものの、再び同じ場所に舞い戻りコッ、コッ… とつつき始めます。



 ヤマガラは、木をつついていましたがキツツキ科ではなく、雀の仲間でシジュウカラ科だそうです。
幹を連続して叩くのは、縄張りを宣言しているとのことです。


岩に亀裂が!  この山は、石灰岩でできているため所々で岩穴や奇石を見つけます。







“石巻の蛇穴”
 奥行は13m程あり神様のお使いの大蛇が住んでいたと伝えられています。

奥行13m!石巻の蛇穴!大蛇の家













“ダイタラボッチの巨人の足跡”
ダイタラボッチの足跡ですが…、少し小さめ? 巨人が石巻山と本宮山をまたぎ小便をして豊川を作ったと言われています。




                   巨人にしては少し小さめ…


“小天狗、大天狗”
 ここからは豊川市街が望めます。

小天狗、大天狗からの眺め 岩の上に祀られる小天狗、大天狗










 正面に大岩が現れます。
その先にある二つの鉄製階段を登ると… 一気に眺望が開け石巻山(358m)山頂となりました。

山頂へ!鉄製階段を登る この上が山頂です!











 山頂からの眺め…
石灰岩でできた頂は四方が絶壁となっていて下を覗くと足がすくみます。

      豊橋方面                                   豊川方面
山頂より豊橋方面を望む山頂より豊川方面を望む









石巻山頂に到着!





 時計を見ると午前10時45分です。
 大慌てで下山しました。



左のフェンスを進みました。少し近道!

 山頂より10分で再び石巻神社の鳥居に戻ることが出来ました。ここからは石巻山自然歩道を東へ進みます。

 30分程で分岐が現れますが、若干の近道となる車両通行止のゲートが閉じられた舗装道を進みました。




豊橋自然歩道と合流 午前11時50分、豊橋自然歩道と合流し大知波峠(おおちばとうげ)に到着しました。

 静岡県側が広く切り開かれて、正面に浜名湖が広がる眺望に恵まれた峠です。

 平成元年から行われた発掘調査で、土器に『寺』などの文字を書いた墨書土器が多く発掘されたそうです。





 国指定史跡の“大知波峠廃寺跡”があり、平安時代中期に山寺が建てられていたそうです。

広い浜名湖!眺めの良い大知波峠廃寺跡










 ここからは、愛知県と静岡県の県境となる豊橋自然歩道を進みます。
この日は、湖西連峰トレイルランが開催され多くのランナーが颯爽と駆け抜けていきます。
アップダウンの多いコースとなるため体力の限界を感じながら走っている選手もいました。

湖西連峰トレイルラン開催倒木の下も颯爽と駆け抜けるランナー!










 12時40分、富士見岩に到着です。送電鉄塔の横に大岩があり広大な浜名湖を見渡すことができます。

富士見岩広大な浜名湖を一望!










 その名のごとく運が良ければ富士山も遠望できるようですが、本日は霞の中にうっすらとしか確認できませんでした。北には坊ヶ峰が確認できました。

鉄塔の隙間から坊ヶ峰が見えますこの方向に富士山が見えるはず?










頭浅間 大山社 頭 浅間の大山社に到着です。この神社は、頭の病に霊験あらたかとされています。


 本坂峠で東海道の脇海道である旧姫街道と交差しました。
江戸時代に関所を避けるため多くの女性たちがこの峠を越えたそうです。

お互い少し離れた“夫婦岩”




 二つの大岩は夫婦岩と呼ばれますが微妙に離れた位置にあります。しかも、その間を割って入るように登山道が通っています。



 13時35分、坊ヶ峰(445m)に到着しました。三角点は社の裏で見つけました。

お社の後ろに三角点があります坊ヶ峰の三角点(445m)










遠方に先程の富士見岩が見えます  今回のルートは坊ヶ峰を折り返しとしましたが、富士見岩で折り返すと眺望の良い地点はすべて網羅しつつ、時間も手頃な
  “お薦めハイキングコース”
になると思います。




 結局、駐車場に戻ったのが16時00分、しかも1月…。昨年の本宮山の教訓は生かされず、当然のことながら“いなり寿司”は次回に持ち越しとなりました。



追記…石巻山駐車場には、沢山のうさぎがいました。

妻のお気に入り“意地悪顔の白うさぎ”寒そう








                                    妻のお気に入り“意地悪顔の白ウサギ”

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ニックネームはよっち
登山日記へようこそ!

カウンター  
楽天市場
こちらはおすすめです!
ザックのショルダーベルトに付けると、手を後ろ(リュックのポケット)に回さなくてもよくなりました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【イスカ ISUKA】 ボトルクーラー 500
価格:1188円(税込、送料別) (2017/7/9時点)




山頂で豆を挽いて飲むコーヒーは最高でした!


楽天市場
お店とネットを比較するときに


温泉大好き!


たまに買いますが...


話題の芥川賞受賞本もあります!

カテゴリ
百名山

日本百名山(12)
花の百名山(11)
鈴鹿セブンマウンテン(10)
新日本百名山(9)
新花の百名山(7)
日本三百名山(5)
日本二百名山(4)
日本三名山(3)

最新記事
最新コメント
リンク
youtube
楽天ポイント
期間ポイント切れの前に!


磨き屋シンジケート! 
鏡面仕上げを購入してみました。


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。