FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜ヶ岳(鈴鹿山脈)

丸く優しい山容の竜ヶ岳 登頂日  2013年4月28日(日)

名 称  竜ヶ岳 (りゅうがだけ)  標高 1,099m
        ・鈴鹿セブンマウンテン

山 系  鈴鹿山脈 

所 在  三重県 いなべ市 / 滋賀県 東近江市

                                               丸く美しい山容の竜ヶ岳

所要時間 / コース
   往 路  3時間25分 / 金山尾根コース
   復 路  3時間30分 / 中道コース


全行程時間 7時間05分 【 折返し:竜ヶ岳 】

自宅(6:00)→大府IC(名二環)→四日市JCT(東名阪)→桑名IC(東名阪)→国道421号→宇賀渓駐車場(6:40/7:10)→地殻活動観測点(7:25)→竜の雫(7:30)→遠足尾根分岐(7:35)→裏道分岐(7:40)→
白竜吊橋(7:45)→魚止滝(7:50)→金山尾根分岐(8:10)→遠足・金山尾根合流(10:00)→竜ヶ岳(10:35/10:45)→30段の鉄ハシゴ(12:25)→五階滝(13:10)→白竜吊橋(13:40)→駐車場(14:15)
→阿下喜温泉(14:40/15:30)→桑名IC(東名阪)→大府IC(名二環)→自宅


右が藤原岳、左は竜ヶ岳が…?  竜ヶ岳は三重県いなべ市と滋賀県東近江市の境に位置し、鈴鹿セブンマウンテンに選定されています。
 古くは雨乞いの山として登拝され、雨を呼ぶ竜神にちなんで竜ケ岳と名が付いたとされています。

 桑名ICより宇賀渓キャンプ場に向かい国道421号線を進むと、山の斜面が大きく削られた藤原岳に目を引かれます。竜ヶ岳は藤原岳の南に位置するはずですが…。



宇賀渓駐車場 午前6時40分、キャンプ場入口の宇賀渓駐車場(500円)に到着しました。
 北の方角には竜ヶ岳山頂が確認出来ました。

 この駐車場の少し手前に無料駐車場もあります。






マムシグサ  涼しさを感じるなか出発準備に取り掛かっていると、案内所のスタッフが近づいてきて「もうコースは決まっているの?裏道コースは崩落がひどいので金山尾根コースがいいよ!」と各ルートの所要時間や位置確認番号などの詳細な説明が記された地図を頂きました。「もし良ければ…、山頂手前にある治田峠分岐の案内表示が破損しているようなので状態を見てきてほしい!」と重大な任務を授かりました。
 最後に「まだ“ヒル”は大丈夫だよ!」と一言…。
そうです! 竜ヶ岳、御池岳を始めとするこの付近の山々には、暖かくなると沢山の山ヒルが、地面からニョキニョキ生えるように頭を持ち上げて餌食となる登山者を待ち構えているそうです。
 注意!  木の上からも降ってくるようです。



ひっそりと売店街  登山者カードを記載し、静まりかえった数件の売店前を抜けます。そのまま北河内林道を進むとキャンプ場となり、真っ白な岩で敷きつめられた川原には数張りのテントが張られていました。







 しばらく川沿いを進むと、山側の斜面に“入口が鉄の扉で閉ざされたトンネル”を見つけます。
扉には『名古屋大学理学部 地殻活動観測点』と記されていますが、この中がどうなっているのか大変興味が湧いてきます。

イワカガミ地殻活動観測点への入口









名水 竜の雫




 名大の地底トンネルから5分程で『名水 竜の雫』を見つけます。



裏道は通行止めです  最初の分岐は遠足尾根入口ですが、ここはこのまま林道を進みます。
 次に現れた分岐は、崩落がひどいとされる裏道コースでした。しかし、入口はロープで閉鎖され暫く誰も立ち入っていない様子です。


定員8名まで!白竜吊橋




 林道の終点には定員8名の白竜吊橋が架けられています。ここから先は山道です。



魚止滝魚止滝は 分岐より2分で到着します。
澄み切った水は、くっきりと川底をうつし出し心と身体が癒されます。


イワカガミは見頃です








 金山尾根コースは急傾斜の岩場を進みますが、あちこちにイワカガミが花を咲かせ見頃を迎えていました。



こんな尾根も抜けていきます。 歩きやすい登山道













ここを抜けると視界が広がります 尾根に達すると傾斜は緩くなり左右の視界が開けました。
竜ヶ岳山頂も確認できます。

竜ヶ岳山頂!










 樹木も少なくなり代わりに笹が辺りを覆い始めると、眺望は一段と良くなりました。
東には長く続く遠足尾根が確認できます。名称のとおりなかなかの長距離を進むようですが良好な眺望が想像されます。

目指す竜ヶ岳 視界が開けました










 この付近には、カタクリが花を咲かせていました。
カタクリの花
この辺りにはカタクリを見つけます










 10時05分、遠足尾根コースと合流しました。ここまで来ると北への眺望が広がり、斜面を削られた藤原岳や頂がテーブルランドと呼ばれる御池岳を見ることができます。進む先には、竜のようにグネグネと曲がった道が続く、竜ヶ岳の丸い頂も望めます。

 振り返ると見晴らしの良い遠足尾根                      竜ヶ岳山頂

竜ヶ岳山頂 見晴らしの良い遠足尾根









 御池岳(標高1,247m)                              藤原岳(標高1,165m)

南から見る藤原岳 いつかは登りたいテーブルランド










治田峠の分岐点  状況確認の任務を受けた治田峠分岐の案内表示です。
割れた標示版を赤いテープで修繕しようと試みてありますが…。
  写真に納め報告!


右に藤原岳、左は御池岳










竜ヶ岳頂上  10時40分、竜ヶ岳(1,099m)頂上に到着しました。

竜ヶ岳頂上の三角点






二等三角点(点名:竜ヶ岳)




 頂は360度の見事な眺望に恵まれていますが、強風が吹き荒れ立っているのもやっとです。
ここでの昼食は断念し、早々に中道コースで下山することにしました。

山頂より南を望む いなべ市街を望む










 中道は、金山尾根とは比べ物にならないほど傾斜がきつく滑落の危険を感じるほどです。
“旧ガレ場”を下る所もあります。難所を慎重に下って行くと左右所々に大崩落したガレ場を見つけます。

大崩落のガレ場金山尾根コース










 一面が岩やがれきで埋め尽くされて荒れ放題となった沢に出ました。ここから先は、浮石が散乱するガレの上を歩くことになります。

樹木もなぎ倒されています しばらくこの道?を下ります










 途中、幾つのも堰堤を越えますが、中でも一番の難所は…、高さ十数メートルの堰堤に取り付けられた鉄ハシゴを降りなければなりません…。
恐怖!上から7段目のハシゴがグラグラと緩みを生じていました…。 これも報告!

ここを降りました難所の堰堤上から七段目がグラグラでした…








 この高さを降ります…!



 足場の悪い道?沢?ガレ?をひたすら下り脚はガクガクです。

澄んだ水!かつては美しい沢であったようです 岩で埋め尽くされた沢











五階滝  13時10分、五階滝に到着です。水量が豊富な五段重ねの見事な滝です。




   五段のうちの一段です。




無事駐車場に帰還  14時15分、駐車場に到着しました。
登山者カードに下山時刻を記載し、スタッフに破損した案内表示の写真と30段ハシゴの緩みを報告し任務完了!すると妻がリュックから何やら大きな板を出してきて
  「これが割れた破片です!」
大変感謝されていました。




 帰宅の途中、桑名ICとは反対方向となりますが、車で15分ほど藤原岳方面にすすみ、恒例となった阿下喜温泉(500円)で疲れを落としました。


 今回は、山ヒルの被害に合うことなく平和に楽しむことができました。しかし、“山ヒル 竜ヶ岳”でインターネット検索すると想像以上に多くの登山者が流血被害にあわれているようです。
色々と対策はあるようなので…。やはり事前調査は大切ですね!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ニックネームはよっち
登山日記へようこそ!

カウンター  
楽天市場
こちらはおすすめです!
ザックのショルダーベルトに付けると、手を後ろ(リュックのポケット)に回さなくてもよくなりました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【イスカ ISUKA】 ボトルクーラー 500
価格:1188円(税込、送料別) (2017/7/9時点)




山頂で豆を挽いて飲むコーヒーは最高でした!


楽天市場
お店とネットを比較するときに


温泉大好き!


たまに買いますが...


話題の芥川賞受賞本もあります!

カテゴリ
百名山

日本百名山(12)
花の百名山(11)
鈴鹿セブンマウンテン(10)
新日本百名山(9)
新花の百名山(7)
日本三百名山(5)
日本二百名山(4)
日本三名山(3)

最新記事
最新コメント
リンク
youtube
楽天ポイント
期間ポイント切れの前に!


磨き屋シンジケート! 
鏡面仕上げを購入してみました。


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。