FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屏風山(美濃三河高原)

県道66号線より登頂日  2013年7月15日(月) 海の日

名 称  黒の田山 (くろのたやま)   
      馬ノ背山 (うまのせやま)  標高 767m
      八百山 (やおやま)  標高 800m
      屏風山 (びょうぶやま)  標高 794m
        ・屏風連山最高峰

山 系  美濃三河高原 屏風山系
                                                 県道66号線より
所 在  岐阜県 瑞浪市 / 岐阜県 恵那市

所要時間 / コース
   往  路  2時間45分 / 百曲り登山口
   復  路  2時間00分 / 百曲り登山口 黒の田湿地経由


全行程時間 4時間45分 【 折返し:屏風山 】

自宅(8:40)→名古屋IC(東名)→瑞浪IC(中央道)→県道66号→路肩駐車(10:25/10:45)→百曲り登山口(10:50)→笹平コース合流(11:40)→黒の田山・湿地 分岐(11:50)→黒の田山(12:05)→馬ノ背山(12:20)→展望台・屏風山 分岐(12:28)→永王権現・展望台(12:30/12:50)→八百山(12:55)→屏風山(13:00)→馬ノ背山・黒の田湿地 分岐(13:30)→黒の田東湿地(13:40/14:40)→百曲り登山口(15:25)→路肩駐車(15:30)→荷機稲荷神社・不老荘(15:50/16:30)→瑞浪IC(中央道)→名古屋IC(東名)→自宅


 海の日の連休2日目に伊吹山登山を計画しました。早速、昨年お世話になった駐車場の高橋さんに午前5時30分着で電話予約しました。


 予約前日の午前4時、高橋さんから「今日は天気が良くないから別の日に変更したほうがいいよ!」と連絡が入りました。

ここにもキノコ しかし… 予約は明日のはずですが…。
私達が家を出発する前に、山の悪天候を知らせようと早起きして連絡をくれたのです。 間違えて一日早い連絡を受けたものの逆に有り難さを感じました。


きのこ



 結局、予定していた連休2日目も天候はスッキリしない予報となったため、残念ながら伊吹山登山の中止を決めてキャンセルの連絡を入れました。




ひっそりと稲荷温泉  出発予定日であった午前4時、名古屋はゲリラ豪雨のような激しい雨に見舞われていました。

 目が覚めると、雨は上がっていましたが雲の多い天気です。しかし、山登りモードとなっていた私達は諦めきれず、急きょ! 岐阜県瑞浪市にある屏風山・稲荷温泉を決定しました。



偶然見つけた案内標示  瑞浪ICを南下し県道66号線を北東に進むと百曲り登山口の標識を見つけました。そこを右折して登山口を目指しますが、急な出発で情報収集が少なかった為なかなか見つけることができません。

 もう一度県道まで引き返そうか?と不安を感じながら山麓の細い林道を進んでいくと、偶然にも“百曲り登山口”の案内標示を見つけることが出来ました。



 路肩に車を止めて登山口まで歩きます。明け方に降った雨のお陰で、気持ちの良い涼しさを感じました。

隠れているつもりのサワガニこの先に登山口があります










 案内表示から5分で登山口に到着しました。
 ここからはジグザグの山道を登ります。

堰堤の工事中百曲り登山口








       途中、大規模な堰堤の工事現場を見下ろします。



 この登山道は、“百曲り”の名のごとくひたすらジグザグを登ります。
 結局、笹平コースと合流する尾根に到着したのは登山口より50分後の午前11時40分となってしまいました。

笹平コースとの合流 この尾根を進みます










手入れされた檜林  尾根伝いに檜林を進むと黒の田山と湿地の分岐となりますが、左手に見える丸太橋を渡り黒の田山方面へ進みました。



黒の田山



 12時05分、黒の田山に到着しました。
 しかし、ピークを感じることはできません…。


馬ノ背山




 その先わずか10分後、馬ノ背山(767m)に到着しましたが、やはりここも同様で樹林に覆われて山頂!を感じることはできませんでした。



 12時30分、屏風山と展望台の分岐に到着しました。展望台経由でも山頂へ続くので展望台方面に進みます。

 永王権現の表示とともに視界が開け瑞浪市街を一望できました。眺めの良いベンチに腰掛けて昼食をとりました。

展望台より この先に展望台があります










 展望台から更に先へ進むと八百山(800m)に到着しました。ここは標高800mとなっていますが偶然でしょうか?

上から落ちてきた八百山










13時00分、屏風山(794m)に到着しました。

西の方角には展望台と同じく瑞浪市街を一望できます。       一等三角点(点名:屏風山)

屏風山山頂屏風山より瑞浪市街を望む










遥か遠方には名古屋ツインタワーが微かに望めました。 東は恵那山を望むことが出来ました。

名古屋ツインタワー恵那山










ここ屏風山で折り返しとし、黒の田湿地への分岐点でもある馬ノ背山まで戻ります。


この先に湿原が広がります 13時40分、黒の田東湿地に到着しました。




             ここを抜けると湿地が広がります。




この湿地は、約2.5ヘクタールの広さを持ち東濃湿地群の中でも最大の面積を有するそうです。

涼しげな水辺自然豊かな湿地です










 森に囲まれた広い湿地には多くの植物が生育しています。

木道を歩きます日本庭園のような










7月のこの時期は、黄橙色のノカンゾウ、紫のノハナショウブ、水辺には食虫植物のモウセンゴケも小さな白い花を咲かせていました。
                                           ノカンゾウの群生

ノカンゾウの群生黄橙が映えます









昔は家の近くでも見かけたモウセンゴケ
 昔は家の近くでも見かけたモウセンゴケ

モウセンゴケ










ノカンゾウ ヒグラシの鳴く大自然をあとに、百曲り登山道へ向かいました。

ノハナョウブ小さい赤とんぼ









 百曲り登山道を下山の際、折り返しを数えながら下りました。その数は、ざっと96ヶ所!
やはり百曲りの命名由来は折り返しの数が多いことから名付けられたのでしょうか?
 そんなことを考えながら15時30分登山口に戻りました。

キノコ漫画に出てきそうなキノコです










 疲れた足を癒すために稲荷温泉に向かいます。車で15分程進み稲津中学の横に祀られた荷機稲荷神社に車を止めました。
 日帰り入浴の出来る不老荘は鳥居の向かいにありますが、かなり年期の入った外観です。

年期の入った外観です 荷機稲荷神社










 館内は“千と千尋の神隠しの油屋”を思わせる造りです。

こちらもレトロな大広間 レトロな襖絵










 浴槽は内風呂ですが、ガラス張りで開放感に溢れています。泉質は放射能泉で無色透明の気持ちが良いお湯でした。

泉質・効能は…37番を使いました










 心も身体もさっぱりとリフレッシュし稲荷神社の境内をまったり歩いていると、何故か遠い昔の懐かしさを感じました。ここ瑞浪は私の出生地です。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ニックネームはよっち
登山日記へようこそ!

カウンター  
楽天市場
こちらはおすすめです!
ザックのショルダーベルトに付けると、手を後ろ(リュックのポケット)に回さなくてもよくなりました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【イスカ ISUKA】 ボトルクーラー 500
価格:1188円(税込、送料別) (2017/7/9時点)




山頂で豆を挽いて飲むコーヒーは最高でした!


楽天市場
お店とネットを比較するときに


温泉大好き!


たまに買いますが...


話題の芥川賞受賞本もあります!

カテゴリ
百名山

日本百名山(12)
花の百名山(11)
鈴鹿セブンマウンテン(10)
新日本百名山(9)
新花の百名山(7)
日本三百名山(5)
日本二百名山(4)
日本三名山(3)

最新記事
最新コメント
リンク
youtube
楽天ポイント
期間ポイント切れの前に!


磨き屋シンジケート! 
鏡面仕上げを購入してみました。


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。