FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御在所岳(鈴鹿山脈)

中央にロープウェイの鉄塔が見えます 登頂日  2011年11月3日(木) 文化の日

名 称  御在所岳 (ございしょだけ)  標高 1,212 m
        ・鈴鹿山脈主峰
        ・日本二百名山
        ・関西百名山
        ・鈴鹿セブンマウンテン

山 系  鈴鹿山脈
                                           中央にロープウェイの鉄塔が見えます
所 在  三重県 菰野町 / 滋賀県 東近江市

所要時間 / コース
   登 山  2時間55分 / 中登山道
   下 山  2時間10分 / 一ノ谷新道


全行程時間 5時間05分 【 折返し : 御在所岳 】

自宅(5:05)→鳴海IC(名二環)→名古屋南JCT(伊勢湾岸道)→四日市IC(東名阪)→鈴鹿スカイライン駐車場(6:05/6:30)→中登山道口(6:35)→おばれ岩(7:20)→五合目(7:40)→地蔵岩(7:50)→六合目キレット(8:05)→富士見岩(9:05)→御在所山上公園(9:15)→御在所岳(9:30/10:00)→一ノ谷新道下山口(10:20)→鷹見岩(10:45)→まったけ岩(12:00)→中登山道口(12:10)四日市IC(東名阪)→名古屋南IC(伊勢湾岸道)→国道302号→自宅



ここから中登山道口まで約5分 今は紅葉シーズンで観光客の渋滞を避けるため日の出前の早朝に出発しました。駐車場に着くと朝6時であるにもかかわらず既に空きスペースが残り3台となっていて、車を停めている間にアッと言う間に満車となってしまいした。
 妻は「5時に出発して正解だったでしょ!」その通りです。朝食と準備運動を済ませ中登山道口に向かいました。


ここも登山道です 登山道に入るといきなり木造のはしごを昇るという険し
さです。その先も東海自然歩道とは全く違い、木の根が
階段代わりとなっていたり大きな岩を這い上がったりと
人の手が加わっていないコースとなっています。

みんな頑張れ!




 しばらく登ると傾いた大きな岩が横たわっていて、斜面を転がっ
ていかないように“不釣合いのつっかえ棒”が何本も支えてありま
した。

重たそう



 このコースには他にも多くの奇石があります。まず初めに現れたのは岩が岩に負ぶさっている“おばれ岩”です。
 この大岩は岩と岩で出来た隙間を人がくぐり抜ける事が出来るほどの大きさで、このあまりの大きさと見た目の不安定さに登山者たちは見入っていました。

誰が乗せたの?


 侵食された岩場の溝を通り抜け次に現れたのが、自分の眼を疑ってしまった巨大奇石“地蔵岩”です。この岩の配置は日本中どこを探しても絶対に見つかりません。
誰がつまんで乗せたのか?ありえない!しっかり眼に焼き付けておこう。


ここからの景色も抜群!  六合目に到着しました。ここは“キレット”になっていて絶壁を降り
るための鎖が架かっています。ここまで来ると、このような状況にも慣れてきて難なくクリアできました。以前の宝剣岳のような恐ろしさは感じませんでした。
 いよいよ大詰めです。このコースの一番の難所である“横方向の鎖場”も難なく通り抜けることができました!

絶景!伊勢湾まで一望できます





 午前9時05分、山上公園の富士見岩に到着しました。
 本日のルート、奇石にくわえ湯ノ山温泉、 四日市市街、遠くには伊勢湾までもが一望できます。




 山上公園には御在所ロープウェイで来ることが出来るため多くの観光客でにぎわっていて他の山頂とはちょっと違った雰囲気を感じました。


 雪の無いスキー場を通り抜け御在所岳(1,212m)山頂に到着しました。ここには一等三角点があり、三重県と滋賀県の県境にもなっていて快晴に恵まれれば滋賀県側に琵琶湖が見えるそうです。


巨大奇石 昼食にはまだ早かったため一息ついて下山することにしました。
当初の計画では裏道コースを予定していましたが、他の奇石がある一ノ谷新道に変更しました。しかし…、このコースの半分は腕の力を使って下山する腕力勝負のコースとなっていました。 そういえばコースガイドに 『中級者以上、下山で利用する場合は滑落に注意!』 と書いてあったような気が…。

 下ること20分“鷹見岩”に到着です。この岩もカメラに収まりきらないほどの大きな岩です。更に下ります。行けどもゆけども林の中を通るため昼食は木々に囲まれて食べました。広大な景色を見ながらではなかったけれどとてもおいしいおにぎりでした。


松茸にしては大きすぎる  重い腰を上げ再び下ります。最後にひょっこりと現れたのが“まったけ岩”です。ここから約10分で出発点の中登山道口に戻りました。

 5時間40分の登山をしたにもかかわらず到着時間は12:10分。登山口には今から登る人達もいて「いま下りてきたのは何コースですか?」と尋ねられました。二人とも口をそろえて「あちらの中登山道が絶対お勧めですよ。」とお勧めしました。
 道路に出るとぎっしりと路上駐車が連なっていました。
再び妻が「5時に出発して正解だったでしょ!」まったくその通りでした。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ニックネームはよっち
登山日記へようこそ!

カウンター  
楽天市場
こちらはおすすめです!
ザックのショルダーベルトに付けると、手を後ろ(リュックのポケット)に回さなくてもよくなりました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【イスカ ISUKA】 ボトルクーラー 500
価格:1188円(税込、送料別) (2017/7/9時点)




山頂で豆を挽いて飲むコーヒーは最高でした!


楽天市場
お店とネットを比較するときに


温泉大好き!


たまに買いますが...


話題の芥川賞受賞本もあります!

カテゴリ
百名山

日本百名山(12)
花の百名山(11)
鈴鹿セブンマウンテン(10)
新日本百名山(9)
新花の百名山(7)
日本三百名山(5)
日本二百名山(4)
日本三名山(3)

最新記事
最新コメント
リンク
youtube
楽天ポイント
期間ポイント切れの前に!


磨き屋シンジケート! 
鏡面仕上げを購入してみました。


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。