FC2ブログ

大日ヶ岳(両白山地)

中央が鎌ヶ峰、その奥に大日ヶ岳 登頂日  2014年7月26日(土) 

名 称  水後山 (すいごやま)  標高 1,558 m 
      鎌ヶ峰 (かまがみね)  標高 1,669 m
      大日ヶ岳 (だいにちがたけ)  標高 1,709 m
        ・日本二百名山
        ・新日本百名山
        ・ぎふ百山

山 系  両白山地                                中央が鎌ヶ峰、その奥が大日ヶ岳

所 在  岐阜県 郡上市 / 岐阜県 高山市

総歩行距離 12,120m でした 所要時間 / コース
   登 山  4時間25分 / 檜峠
   下 山  3時間20分 / 檜峠


全行程時間 8時間50分  【 歩行距離 12,120m 】

自宅(4:10)→名古屋IC(4:25 東名)→一宮JCT(4:45 名神)→白鳥IC(5:40 東海北陸道)→国道156号→県道314号→檜峠登山口(6:30/7:00)→山頂駅(8:30)→水後山(14:00)→鎌ヶ峰(10:20)→大日ヶ岳(11:25/12:30)→鎌ヶ峰(13:25)→水後山(14:00)→山頂駅(14:45)→駐車場(15:50)→阿弥陀ヶ滝(16:00/16:30)美人の湯 しろとり(17:00/18:00)→白鳥IC(東海北陸道)→名古屋IC(東名)→国道302→自宅


 大日ヶ岳は、岐阜県高山市と郡上市にまたがる山で両白山地の南部に位置します。
ひるがの高原、ダイナランドスキー場、檜峠(白鳥リゾートスキー場)と三方向からのルートがあり、その中でも檜峠からのルートは、水後山、鎌ヶ峰と二つのピークを越える尾根道となっており爽快感が味わえるようです。

   ガスに包まれた水後山           鎌ヶ峰             一番左が大日ヶ岳
ガスに包まれた水後山 鎌ヶ峰 一番左が大日ヶ岳









大日如来 山頂には大日如来が祀られ、これがこの山名の由来とされています。


見上げるような




 今回は、檜峠のルートを選びました。
 東海北陸道の白鳥ICを出てウィングヒルズ白鳥リゾートスキー場を目指します。
 県道314号線を進んでいくと高さ数十メートルの絶壁があり、少ないですが水が流れ落ちていました。




 午前6時30分、檜峠の登山口に到着しました。

有名なスキー場 静かな駐車場










 駐車場で朝食をすませ杉林を進みました。

登山口 檜峠の杉林








           ここは『檜峠』ですが『杉林』を進みます。


 杉林で咲く花たち

      オカトラノオ            ホソバノキソチドリ           ヤマアジサイ
オカトラノオ ホソバノキソチドリ ヤマアジサイ









 登山口より25分後、スキー場のゲレンデに出ました。

     ヤドリギがいっぱい!
ヤドリギがいっぱい 雪の無いゲレンデ










 ここからは、ワラビと笹に覆われた雪の無いゲレンデを黙々と歩くことになります。幸いにもまだ陽が低いため日陰の道を進むことが出来ますが、帰りは丸焦げになる予感がします。

       フジバカマ              アザミ
フジバカマ アザミ 2014_0726_081634AA.jpg









 山頂駅が見えてきました。

ゴンドラ山頂駅が見えました 山頂駅がすぐそこに










 山頂駅に着いたのは、2時間後の8時30分となりました。

ゴンドラが動き始めました  私たちが着くと丁度ゴンドラが動き始めました。
このゴンドラ(片道900円・往復1,300円)を使うと僅か13分でここまで登れるようです。

アサギマダラ






             フジバカマの蜜を吸う アサギマダラ

 ここからはようやく山道を登ります。


 雲やガスが立ちこめ視界良好!とは言えませんが、これから進む稜線は確認できます。
風は冷たく“まさに天然クーラー”名古屋の夏の暑さを忘れさせてくれます。

鎌ヶ峰が見えます サルノコシカケ










 午前9時25分、水後山(1,558m)に到着しました。山名を表示する柱の基に三角点があります。

                                           三等三角点 点名:三方崩
水後山に到着 三等三角点 点名:三方崩










 この先は、色取り取りの花が咲く稜線を進みます。

                           シモツケソウ             クガイソウ
2014_0726_092353AA.jpg シモツケソウ クガイソウ








                          ニッコウキスゲ              アザミ 
2014_0726_094500AA.jpg アザミ ニッコウキスゲ








       シシウド
シシウド 2014_0726_092840AA.jpg 2014_0726_092901AA.jpg








 アサギマダラを間近で観察!

アサギマダラ アサギマダラ アサギマダラ









 時折、稜線はガスで覆われます。

ガスが登ってきます クガイソウが目を引きます










 ガスの切れ間に、特徴的な山容の鎌ヶ峰を見つけました。

ガスの中を進みました ガスに包まれる鎌ヶ峰










 急な岩場を登り、午前10時20分 鎌ヶ峰(1,669m)山頂に到着しました。山頂の眺望は良く… 
と言いたいところですが、ここもガスに覆われて遠望はかないませんでした。

鎌ヶ峰まであと少し 鎌ヶ峰に到着










 引き続き大日ヶ岳へと続く稜線を進みます。

遠くから見えていた出っ張り 大日ヶ岳へ続く稜線










 トンボの数が次第に増えて私たちの周りを飛び交います。

この先大日ヶ岳 ブルーベリー?ではありません










 振り返ると…

振り返ると 雲










 大日ヶ岳まであと少し!

       ギボウシ               トウダイグサ
ギボウシ トウダイグサ 2014_0726_105838AA.jpg






          


 午前11時25分、大日ヶ岳(1,709m)に到着しました。
360度の眺望があるはずですが、背丈ほどある笹が視界を狭くしていました。

大日ヶ岳に到着 背丈ほどある笹










 ひるがの高原スキー場方面

ひるがの高原 ひるがの高原スキー場










 山頂方位盤と一等三角点
                                            点名:大日ヶ岳
360度の眺望があります 一等三角点 点名:大日ヶ岳










 昼食をとりながら天気の回復を待ちましたが… 残念ながらガスはなかなか晴れません…
下山後に温泉を予定していたので山頂を後にしました。

本当に沢山のトンボがいました 帰りの稜線










 再び鎌ヶ峰、水後山を経てロープウェイの山頂駅に近づいたころ、革靴で山道を登ってくる家族と出会いました。「大日ヶ岳山頂は、まだ先ですか?」と汗だくで訪ねられ「まだ、ここから3時間ほどかかります。飲料水はお持ちですか?」 「いえ… 何も… 」 その先少し登ったようですが、結局、数分登ったところで引き返してきました。


 14時45分、ロープウェイの山頂駅に到着しました。ここからは日差しの強いゲレンデを下ります。日陰もなく風もなく暑さに負けそうです。1時間ほど格闘のすえ15時50分、駐車場に到着しました。


 駐車場から車で10分ほど下ると『阿弥陀ヶ滝』の看板を見つけました。
体力は限界でしたが折角なので寄り道します。観光地特有の民間有料駐車場を横切り更に進むと無料駐車場がありました。

観光地 滝への入口








                                  『日本の滝100選 阿弥陀ヶ滝』の看板

  整備された遊歩道を進んでいくと湧水が! 手を入れると… 凍るように冷たい! 冷たい水と涼しさに飢えた私はその水を頭から何回もかぶり腹いっぱい飲んでいました。生き返りました!

全く冷たい! 想像以上に大きな滝です








                                          気分良く先へ進むと… 

 さすが! 日本の滝100選! この高さは見事です! 体にむち打ち来たかいがありました!

日本の滝百選 見上げる









 水量も豊富です!

水量も豊富
                お地蔵さまが祀られています。

沢山のお地蔵様










 人が小さく見えます。とてもダイナミックな滝でした。

見事な滝 涼しげな流れ








        こんな流れもありました。


 次は、いよいよ温泉に!


 白鳥ICの近くにある『美人の湯 しろとり』で、しっかり疲れを洗い落とすことが出来ました。
 お湯はヌルヌルで乾くと肌がすべすべになります。これまでの温泉の中で一番気持ち良いお湯でした。ここは絶対にお薦めです!

美人の湯 しろとり ここが一番のお気に入り









温泉成分のご紹介!
一口飲んでみました
源泉名 美人の湯しろとり
湧出量 278 L/min
泉温  45.3℃
PH  8.0
泉質  ナトリウム・炭酸水素塩泉

飲料水として飲むことが出来ますが… 感想は…
    熱くてとてもしょっぱい…




フジバカマとアサギマダラ

 アサギマダラは、幼虫時、毒性の強いガガイモ科植物を食べて毒化し敵から身を守っています。成虫のオスは、フェロモンの原料となるピロリジジンアルカロイド(これも毒性あり)の摂取できるこのフジバカマの蜜が好きなようです。渡り行為でも有名で1,500km以上移動した個体もいるようです。

アサギマダラ アサギマダラ











コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ニックネームはよっち
登山日記へようこそ!

カウンター  
楽天市場
こちらはおすすめです!
ザックのショルダーベルトに付けると、手を後ろ(リュックのポケット)に回さなくてもよくなりました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【イスカ ISUKA】 ボトルクーラー 500
価格:1188円(税込、送料別) (2017/7/9時点)




山頂で豆を挽いて飲むコーヒーは最高でした!


楽天市場
お店とネットを比較するときに


温泉大好き!


たまに買いますが...


話題の芥川賞受賞本もあります!

カテゴリ
百名山

日本百名山(12)
花の百名山(11)
鈴鹿セブンマウンテン(10)
新日本百名山(9)
新花の百名山(7)
日本三百名山(5)
日本二百名山(4)
日本三名山(3)

最新記事
最新コメント
リンク
youtube
楽天ポイント
期間ポイント切れの前に!


磨き屋シンジケート! 
鏡面仕上げを購入してみました。


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
RSSリンクの表示
最新トラックバック