大鈴山(設楽山系)

DSCN0700_TOP.jpg 登頂日  2015年10月25日(日)

名 称  鹿島山 (かしまやま)  標高 912 m
      大鈴山 (おおすずやま)  標高 1012 m
      平山明神山 (ひらやまみょうじんやま)  標高 970m

山 系  設楽山系


                                               火山活動で出来た岩山
所 在  愛知県 設楽町 / 愛知県 東栄町

2015_1025_平山明神山MAP所要時間 / コース 
   登 山  2時間05分 / 鹿島・大鈴山登山口 : 東海自然歩道
   縦 走  4時間15分 / 鹿島山~堤石峠(平山明神山経由) 危険箇所あり
   下 山      20分 / 岩古谷山登山口 : 東海自然歩道


全行程時間 6時間40分 【 歩行距離 6280,m 】

自宅(5:00)→八草IC(5:30 猿投グリーンロード)→力石IC(5:40 猿投グリーンロード)→国道153号(飯田街道)→国道420号(鳳来寺道)→国道257号(伊那街道)→駐車場(7:00/7:30)→大鈴・鹿島登山口(7:40)→水場(8:15)→池葉守護神社(8:20)→大鈴山(8:50)→鹿島山(9:35)→二段の岩場(10:50/
11:05)→
馬の背(11:15/11:20 ここで断念!→絶壁の鎖場(12:50)→堤石峠(13:50)→十三曲がり→駐車場(14:10)→国道257号→国道420号→国道153号→力石IC(猿投グリーンロード)→八草IC(猿投グリーンロード)→自宅



 鹿島山・平山明神山は愛知県の設楽町と東栄町の境にあり約1600万年前に噴火していた設楽火山によりできた山です。そのため山頂付近には切り立った大岩が数多くあり、その岩々が登山道を難所と化しています。

DSCN0576.jpg DSCN0578.jpg










 東名高速経由では豊川ICから更に70~80分かかるため、今回は猿投グリーンロードから香嵐渓を抜けるルートを選びました。時間的にはどちらも変わらないようです。 ただ! 猿投グリーンロードは、22時~翌朝6時まで通行無料となっているため、その時間帯を狙えばお得感があります。

 午前5時30分、八草ICの料金所に到着です。ETCゲートは閉鎖されているため、隣の無人ゲート(日中は係員がいます)を通過しました。予定通り!

 まだ観光客が全くいない香嵐渓の町並みを抜けて鳳来寺道を進みます。

DSCN0570.jpg DSCN0572.jpg










 午前7時00分には駐車場に到着しました。

DSCN0582.jpg DSCN0583.jpg










 ここで気をつけるのが、目的地近くの国道473号線を道なりに進むと自然にバイパスとなります。
もし登山口付近でトンネルを見つけたら潜らずに手前で左折して旧道に移動して下さい。

駐車場から振り返ると… 手前の道が旧道で、奥がバイパスです。

DSCN0586.jpg



 スタートは東海自然歩道を歩きますが、すぐに『岩古谷山と鹿島山・大鈴山』の分岐となります。
鹿島山方面に向かいましたが・・・ 再び駐車場に戻ってしまいました。

DSCN0588.jpg DSCN0587.jpg










 駐車場から見えた橋を渡り、民家の敷地の中にある登山口から入山します。

DSCN0589.jpg DSCN0590.jpg










 こちらが登山口です。 いきなり杉林の急傾斜を登っていきます。

DSCN0591.jpg DSCN0592.jpg










 水場に到着

DSCN0595.jpg DSCN0596.jpg










 午前8時20分、池葉守護神社に到着です。         ここは東京の方が近いようです。

DSCN0599.jpg DSCN0600.jpg










 社へは石段を登ります。

DSCN0602.jpgDSCN0598_20151229170622028.jpg










 境内の大杉は周長7.6mもあります。

DSCN0605 (2)DSCN0604 (2)










 大鈴・鹿島登山口  神社から30分で鹿島山(912m) に到着しました。

DSCN0611.jpg DSCN0612.jpg










 残念ながら眺望はありません。

DSCN0614.jpg DSCN0615.jpg










 ここからは稜線を進みます。

DSCN0617.jpg DSCN0619.jpg










 足元に小さな『山頂入口』を見つけ、それから5分で大鈴山(1012m) に到着しました。

DSCN0620.jpg DSCN0623.jpg









 山頂からの眺望! 南アルプスが見えます!

DSCN0624.jpg




DSCN0626.jpg DSCN0628.jpg









 次は平山明神山に向かいます。

DSCN0629.jpg DSCN0630.jpg










 ここまでは危険な箇所もなく快適な道を進んできました。 しかし、ここからはいくつかの難所を超えなければ先に進めなくなります。まずは、大変急な傾斜を下ります。

DSCN0633.jpg DSCN0634.jpg










 アップダウンを繰り返し着実に明神山に近づいてはいるのですが・・・ 振り返ると鹿嶋山が!

DSCN0645.jpg DSCN0644.jpg










 平山明神山への分岐となりました。大岩へとまっすぐに伸びる登山道!

DSCN0649.jpg DSCN0650.jpg










≪ 第一の試練 ≫

 見上げる大岩が現れました! どこを登るのか? 赤い印がありますが… その下は奈落の底にづづくルートです!

DSCN0653.jpg DSCN0657.jpg










 絶対無理! 足が… うまく動きません… 
何とか一段目は登ったものの… 二段目は“ちょろロープ”のみ!  ☟黒いロープ見えますか?

DSCN0660.jpg DSCN0658.jpg








 

 妻は、「行ける! いける!」 とするする登っていきました。 しかし、私はここで挫折… 「どうぞ先に進んでください…」

 しばらく岩の前で座っていると、何組か登山者が近づいてきます。しかし、皆さん分岐を下ってこちらには来ません! やはり…

 15分ほど経ちました。 『リュックを下せば登れるかも…』 今考えると安易な発想ですが、貴重品だけウエストポーチに詰めて再トライしてみました。 突破! 先に進みます。

DSCN0661.jpg


≪ 第二の試練 ≫

 何とか二段の大岩を越えたものの、ここから先は岩場を進みます。 眺望が良いぶん足がすくみますが慎重に進みます。 しかし! その先には恐怖の馬の背が待ち構えていました!

DSCN0664.jpg


 写真ではこの恐怖は伝わらないと思いますが、距離にしてほんの数メートル、しかし、幅は数十センチで右も左も断崖絶壁! 横風がさわさわと私にまとわりつきます! 絶対無理! 絶望的!

DSCN0666.jpg DSCN0667.jpg










 平山明神山は目と鼻の先です! しかしもう限界! ここで引き返しました…

DSCN0663.jpg



 二段の大岩まで戻り、再び岩の下で妻を待ちました。

 「東の覗・西の覗 景色最高だったよ! 少し怖かったけど…」 もう私は十分堪能しました… 
あとは下山です。やれやれ…

 途中、いくつもロープが張られた急峻な下りがありますが、“恐怖の馬の背” に比べるとなんてことはありません!

DSCN0669.jpg DSCN0671.jpg










 へっちゃらです!

DSCN0672.jpg DSCN0674.jpg










 もうすぐ東海自然歩道の 『十三曲がり』 です。 もう余裕です!

DSCN0677.jpg


≪ 第三の試練 ≫

 いくつかのアップダウンを繰り返しながら進みますが、なかなか終わりが見えてきません。
その時! 目の前には!

DSCN0678.jpg

絶壁の鎖場が現れました!


DSCN0680.jpg 巻道を探しますが右も左も絶壁でここを登らなければ先に進めません! 絶対無理! 本気で引き返すことも考えました!

  見てください! するすると登って行く姿が!

       泣きながら私も登りました…



 先ほどから現れる十三曲がりの看板… もう警戒心が強すぎてこれを見ても安心できません…
まだこんなに高い…

DSCN0682.jpg DSCN0683.jpg










 13時50分、ついに堤石峠に到着しました! ここで念願の東海自然歩道と合流です。この先、岩古谷山はあちら! とありますが、もう登る元気はありません。迷わず下山します。

DSCN0686.jpg DSCN0688.jpg










 この先、十三曲がりです

DSCN0687.jpg DSCN0689.jpg










 なんと歩きやすい道でしょう! 14時10分、駐車場に到着しました。

DSCN0690.jpg DSCN0693.jpg










 今回の設楽の山は試練の登山となりました。

                 あの馬の背の恐怖は二度と味わいたくないものです…


追記 : 岩古谷山も大変恐ろしい山と聞きました… 迷わず十三曲がりを選んだのは的確な判断でした!


コメントの投稿

非公開コメント

No title

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

かなりハードなところですね。
私なら『第一の試練』で挫折しそうです(笑)

No title

マーシーさん
あけましておめでとうございます
今年こそは! あゆゆゆゆ~
行きましょう!
プロフィール

Author:ニックネームはよっち
登山日記へようこそ!

カウンター  
楽天市場
こちらはおすすめです!
ザックのショルダーベルトに付けると、手を後ろ(リュックのポケット)に回さなくてもよくなりました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【イスカ ISUKA】 ボトルクーラー 500
価格:1188円(税込、送料別) (2017/7/9時点)




山頂で豆を挽いて飲むコーヒーは最高でした!


楽天市場
お店とネットを比較するときに


温泉大好き!


たまに買いますが...


話題の芥川賞受賞本もあります!

カテゴリ
百名山

日本百名山(12)
花の百名山(11)
鈴鹿セブンマウンテン(10)
新日本百名山(9)
新花の百名山(7)
日本三百名山(5)
日本二百名山(4)
日本三名山(3)

最新記事
最新コメント
リンク
youtube
楽天ポイント
期間ポイント切れの前に!


磨き屋シンジケート! 
鏡面仕上げを購入してみました。


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村
RSSリンクの表示
最新トラックバック